日本宗教学会:パネル「20世紀ユダヤ哲学再考:政治と宗教のはざまで

 日本宗教学会に参加した。多くの興味深い発表があったが、とりわけ勉強になったのは二日目の午後に行われたユダヤ哲学についてのパネルであった。北九州大の伊原木さんがオーガナイズしたこのパネルは、「20世紀ユダヤ哲学再考:政治と宗教のはざまで」と名付けられ、まず気鋭の若手・中堅研究者によるコーエン(後藤正英)、ローゼンツヴァイク(佐藤貴史)、ブロッホ(伊原木大祐)、そしてレヴィナス(松葉類)についての発表があり、その後、合田正人さんのコメントという流れとなっていた。


 それぞれの発表は非常に充実しており、論文化されたものをぜひ読みたいと思わさせられた。だがそれにも増して興味深かったのは、合田さんのコメントとそれに対する返答である。なかでも佐藤さんとのやりとりは非常に印象的であった。佐藤さんによると、今回のパネルの副題である「政治と宗教のはざまで」には、ひとつの隠れた主題があるという。それは、「アテネとエルサレム問題」という時の、「アテネ」に潜む「ソクラテス問題」であり、それこそがまさに政治における哲学の問題である。だとするならば、その背後に潜むのは、この問いを考え続けたレオ・シュトラウスの影であり、シュトラウスによるユリウス・グットマンの『ユダヤ哲学』批判だというのだ。シュトラウスの指摘は、グットマンの著作には政治的なものが欠落しており、スピノザの問題への根源的な解決がないというものであった。この問題を掘り下げるのが本シンポのひとつの目的であったと佐藤さんは語る。


 その後も興味深い応答が発表者とコメンテーター、またその場にいたユダヤ教研究者からの鋭い質問を交えてなされていった。残念ながらフロアとの議論が盛り上がり始めたところでシンポの終了時間となった。


 充実したシンポであったが、問題設定について少し疑問が残った。たしかにユダヤ哲学を扱うには、佐藤さんのいうようにスピノザ・シュトラウス的な問題が念頭にあるべきで、その点においては哲学・政治的な問題設定は正しい。だからこそ、そこにはメシアニズムやトーラーといった宗教・政治的な主題が深く結びついてくる。だが、同時にユダヤ哲学における宗教的なディメンションを考えるにあたって、それだけで十分なのだろうか。というのも、この問題設定だとユダヤ教に残る異教的・エジプト的なものがまったくといってよいほど捨象されてしまうからだ。逆からいうと、アテネとエルサレムという問題設定自体が、すでに一定の宗教理解を前提としており、宗教的な問題のなかに残り続けていた要素を覆い隠してしまうのである。だとすると、ユダヤ哲学は、アテネとエルサレムの関係のなかだけではなく、そこにアレクサンドリアを加えて語られなければならないのではないだろうか。今回扱われたユダヤ人哲学者の置かれた状況をみても、民主的なポリスよりも、運命を翻弄するヘレニズム的なものにこそ、その本質が見出されるような気がしてならない。伊原木さんが発表のなかでも少し言及していたが、これこそがブロッホによると、モーセの対峙した「世界盲信の、あるいは星辰神話的宿命の宗教」なのである。


 アテネとアレクサンドリア問題としてのユダヤ哲学、あるいはそれにアテネを加えた三都市の問題としてのユダヤ哲学。シュトラウスの影と同時に、ヴァールブルクの影との戯れである。



ユダヤ哲学―聖書時代からフランツ・ローゼンツヴァイクに至る

ユダヤ哲学―聖書時代からフランツ・ローゼンツヴァイクに至る

政治哲学とは何であるか? とその他の諸研究

政治哲学とは何であるか? とその他の諸研究

  • 作者: レオ・シュトラウス,飯島昇藏,石崎嘉彦,近藤和貴,中金聡,西永亮,高田宏史
  • 出版社/メーカー: 早稲田大学出版部
  • 発売日: 2014/02/24
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログ (2件) を見る
レヴィナス 犠牲の身体

レヴィナス 犠牲の身体

ドイツ・ユダヤ思想の光芒 (岩波現代全書)

ドイツ・ユダヤ思想の光芒 (岩波現代全書)

根源悪の系譜―カントからアーレントまで (叢書・ウニベルシタス)

根源悪の系譜―カントからアーレントまで (叢書・ウニベルシタス)

  • 作者: リチャード・J.バーンスタイン,Richard J. Bernstein,阿部ふく子,後藤正英,齋藤直樹,菅原潤,田口茂
  • 出版社/メーカー: 法政大学出版局
  • 発売日: 2013/01/01
  • メディア: 単行本
  • クリック: 20回
  • この商品を含むブログ (5件) を見る

吉田隆『カルヴァンの終末論』

吉田隆『カルヴァンの終末論』教文館、2017年。


 あの大震災を体験したのは、本書の元となる博士論文を指導教官へ送った午後だったという。仙台の牧師であった著者は、震災と被曝による死の恐怖を内側に抱えつつ、ひとつの終末を体験する。しかしそのような苦難のなかでも、教派を超えたキリスト者たちがともに働く喜びに満ちた体験は、著者にもうひとつの終末体験を与えた。苦難のなかの喜び。これこそが震災後の世界で著者の知る終末の希望であり、震災以前にカルヴァンの終末思想のうちに見出していたものでもある。


カルヴァンの終末論

カルヴァンの終末論

政治神学と新刊

今後刊行されるものもふくめて、政治神学関連でいくつか重要なものがでている。


アバディーン大学のMichael Richard Laffinによる『ルターの政治神学の約束』(T&Tクラーク、2016)。ルターの政治神学、ひいては宗教改革思想の現代的な可能性を模索したもの。近年の宗教倫理学を牽引するジョン・ミルバンクとジェニファー・ハートに対する批判でもある。ラフィンの博士論文はこちら




もうひとつ政治神学関連。W. Bradford Littlejohnによる『キリスト教的な自由の危機と約束』(アードマンズ、2017月5月刊行予定)リチャード・フッカーとピューリタンの政治神学についての考察。オリバー・オドノヴァン(エディンバラ大学)のもとでの博士論文。




ラフィンもリトルジョンもスコットランドで学位をとったアメリカ人。両者ともに教派的には福音派というのが興味深い。



最後は巨匠。「神の死の神学」で有名なトマス・アルタイザーの論集が今年の11月に刊行予定。今年90歳のはずだが・・・『サタンと黙示:政治神学についてのいくつかの論文』(ニューヨーク州立大学出版会、2017年11月刊行予定)最近、ジジェクがよくとりあげていたので、なにかと話題にはなっていた。


Satan and Apocalypse: And Other Essays in Political Theology (Suny Series in Theology and Continental Thought)

Satan and Apocalypse: And Other Essays in Political Theology (Suny Series in Theology and Continental Thought)

エラスムス大学

年度末の在外研究でロッテルダムに滞在した。ほんの2週間強だが、非常に充実した時間であった。2018年度から一年間、在外研究する予定があり、その渡航先がロッテルダム大学哲学部なのである。今回の滞在はその準備という目的もあった。受け入れてくださるハン・ファン・ルーラー教授とはここ数年の付き合いであり、非常によくしてくださる。今回も到着前に色々と手配してくださっていたようで、哲学部の一角にオフィス、メールアカウント、図書館カードなど、良い環境を整えてくださった。


ロッテルダム・エラスムス大学には17世紀思想史の専門家がそろっている。デカルト主義の研究をするファン・ルーラー教授、オランダにおけるスピノザ主義の研究では第一人者のヴィープ・ファン・ブンゲ教授、ロック研究では著名なポール・スクールマン教授、スピノザとスコラ学の関係を専門とするヘンリ・クロップ教授など。日本の研究者とも関係があり、非常に素晴らしい環境である。このような場所で時間を過ごせることを心より感謝。


また滞在中に偶然、仲間の博士論文の口頭試問も見る機会に恵まれた。よい口頭試問であった。その大学の研究所にも以前滞在したことがあったので、以前の友人たちと再会もできた。


蛇足だが、今回は宿もよかった。いつもはホテルなのだが、今回はロッテルダムだけに2週間ということもあり、Airbnbを初めて利用してみた。大学から5分、まどから哲学部の建物が見える場所に宿はある。これが非常に便利なのだ。日本では1時間以上の通勤がやはり身体を疲弊させるということがよくわかった。

ルターの『95ヶ条の提題』は実際に打ち付けられたのか!?


来年は宗教改革500周年である。これはルターが1517年10月31日に、『95ヶ条の提題』をヴィッテンベルク城教会の扉に貼り付けたのを記念している。というのも、この『提題』をきっかけに宗教改革はヨーロッパ中に広まっていったからである。そのため、宗教改革と聞くと多くの人はルターが『提題』を打ち付けている右のような図をイメージするのではないだろうか。だが、最近では、このドラマチックな出来事は実際に起きたものではなく、伝説だと信じられるようになっている。


1960年代にカトリックの宗教改革研究者であるErwin Iserlohが、提題の原本がないこと、また目撃証言はなく、証拠としては当時まだヴィッテンベルクにいなかったメランヒトンが1518年に記述したものしかないことなどを理由に、この出来事の信憑性を疑問視した。これをきっかけに多くの研究者たちのあいだで議論になり、以降イザーローの説が有力になるのだ。


これにたいして、A・ペディグリーは、最近出版されたBrand Luther: 1517, Printing, and the Making of the Reformation (New York: Penguin Press, 2015; 『ルターというブランド:1517年・印刷・宗教改革の制作』)のなかで、ルター自身が城教会の門に打ち付けたと主張する。その理由として、彼は比較的最近になって発見された『スコラ神学反駁』(95ヶ条の8週間前に出版された)の原本をあげる。この『反駁』は当時、大学の出版をおもに扱っていたヨハン・ラウ・グリューネンベルクによって刊行されており、この出版物の印刷の形式が、バーゼルやニュルンベルクで刊行された『95ヶ条』の印刷形式と一致しているのだ。その印刷形式とは、提題が25づつにまとめられたものであり、バーゼルやニュルンベルクの印刷工はラウ・グリューネンベルクの形式を参考にしたのは間違いがない。そして、もしラウ・グリューネンベルクが『95ヶ条』を印刷したのであれば、当時の大学の一般的な慣習に従って、城教会の扉に打ち付けられていたはずである。これがペディグリーの主張である。


この論述からも分かるように、ペディグリーは初期近代の出版文化について造詣が深い。邦訳が最近でた『印刷という革命:ルネサンスの本と日常生活』桑木野幸司訳(白水社、2015年)やThe Invention of News: How the World Came to Know About Itself(Yale University Press, 2014;『ニュースの発明:世界はいかにして己を知るに至ったか』)の著者でもある。この書物のなかでも宗教改革について頁が割かれているが、Brand Lutherはいかに「ルター」にちなんだ出版のブランドが作りだされたのかという点に全体の焦点がおかれているのだ。ペディグリーとその業績については、桑木野氏が前掲書に「初期近代印刷文化の興亡と万有書誌の夢:訳者あとがきに代えた文献案内」のなかで詳しく記されているので、そちらをご参照されたい。


ちなみに、昨年6月に立教大学で開催したシンポジウムがベースとなった「〈特集〉宗教改革の伝播とトランス・ナショナルな衝撃 : 宗教改革五〇〇周年にむけて) 」が、立教大学文学部史学科の機関誌『史苑』第76巻1号に掲載されている。これはリポジトリにアップされているので、宗教改革に興味のある方はご覧いただきたい。


印刷という革命:ルネサンスの本と日常生活

印刷という革命:ルネサンスの本と日常生活

The Invention of News: How the World Came to Know About Itself

The Invention of News: How the World Came to Know About Itself

岩井淳『ピューリタン革命の世界史』

岩井淳『ピューリタン革命の世界史』ミネルヴァ書房、2015年


 本書は、17世紀中盤にイングランドで展開した革命運動を、国際関係と宗教思想との関係のなかで分析したものである。ピューリタン革命ともよばれるこの運動は、ながく近代社会の嚆矢とみなされてきた。近代社会の雛形をピューリタンたちの思想に見出したヴェーバーの社会学の影響をうけた研究にこの傾向はしばしばみられる。彼らはピューリタニズムのなかに「資本主義の精神」や「民主主義の源流」といった近代的要素をみいだしたのである。だが、60年代に入りピューリタニズムを近代思想と切り離し、過渡期のイデオロギーとみなす研究が現れ始めた。なかでも重要なのは、終末論や千年王国論を分析の対象とした研究である。本書もこれらの研究のながれにあるといえよう。著者によると、千年王国論は従来考えられていたように社会の周辺にいた第五王国派やクェイカー派といったセクトによってのみ受け入れられていたわけではない。むしろ、革命の担い手であった独立派が、世界の再建に取り組むにあたってよりどころにした思想とみなされるべきなのだ。すなわち革命は、キリストの再臨による世界の終焉が間近に迫っていると考えた人々によって促進され、新しい社会と政治の姿が描かれていったのである。


  また、著者が提供するもうひとつの重要な視点は、革命をイングランド一国の出来事として理解するのではなく、複合国家、そして国際関係のなかで理解していく点にある。日本でしばしばこの革命は「イギリス革命」とよばれるが、「イギリス」という名称は複合国家である。クロムウェルの革命政府は、アイルランドとスコットランドを配下に収めた国家として理解されなければならない。また、革命の担い手であったピューリタンのネットワークはオランダやニューイングランドに広がっており、革命時にイングランドに帰国したピューリタンの役割やニューイングランドでの千年王国論がもたらした政治的な影響などを著者は描きだしていく。


 この二つの視点をもとに、本書はフランスとスペインの間でゆれるスチュワート期の国際関係から、革命後のより一貫した「プロテスタント外交」とイングランドの国益を追求する中央政府の外交政策を分析していく。そのなかで、これまでピューリタン革命史においてそれほど重要視されてこなかった千年王国論という宗教思想の重要性を明らかにした本著の分析は実に鋭い。また、宗教思想の分析にとどまることなく、国際的な広がりをみせるピューリタンのネットワークというこの思想の文脈を明るみにだすのに成功しているのは特筆に値するだろう。政治史と思想史と社会史を複合的に組み合わせた本研究は、革新的な方法論のひとつのモデルとしても学ぶべきところが多いのではないだろうか。ちなみに昨日(2016年4月9日)上智大学の初期アメリカ学会(日本ピューリタニズム学会との共催)で本書の合評会が開かれたのだが、スケジュールの都合上、参加できなかったのが悔やまれる。


告知:国際シンポジウム@富山大学

最近、休眠ブログと揶揄されがちな本ブログですが、すこし起こしてみましょう。


告知です。


来る2月13日、14日に富山大学にて、国際シンポジウムを開催いたします。カナダ・マックマスター大学のリチャード・アーサー教授とオランダ・ナイメーヘン大学のヒロ・ヒライ博士をお招きしてのビッグ・イベント。そして、司会は、気鋭のライプニッツ研究者である池田真治博士です。


そのほかにも、デカルトと修辞学の関係を研究をされている大阪大学の久保田博士や、スカリゲル研究者の坂本邦暢博士も発表されます。私も十七世紀オランダのデカルト主義者ウィティキウスについての報告を行う予定です。


ぜひ2月の富山に集結しましょう!


以下詳細です。


富山国際シンポジウム:初期近代ヨーロッパの哲学とインテレクチュアル・ヒストリー

Toyama International Conference: Early Modern European Philosophy and Intellectual History

主催:富山大学・富山大学人文学部

共催:日本ライプニッツ協会


2月13日(土)・14日(日)

Saturday, Feb 13, 14:00-17:00

Sunday, Feb 14, 9:00-16:00


於・富山大学 五福キャンパス 人文学部 大会議室

Main Conference Room, Faculty of Humanities

Gofuku Campus, University of Toyama


2月13日(土)/ Saturday, Feb 13
14:00-15:00 Shinji Ikeda (University of Toyama) “The Theory of Abstraction in the Late Leibniz”
15:00-16:00 Shizuka Kubota (Osaka University) “Descartes, Jesuit Rhetoric and the Progymnasmata Tradition”
16:00-17:00 Yoshi Kato (Tokyo Christian University) “The Defender of Faith: Christoph Wittichius and Spinoza’s Radical Naturalism”
17:00-18:00 Reception
19:00-20:30 Dinner

2月14日(日)/ Sunday, Feb 14
9:00-10:00 Kuni Sakamoto (Radboud University) “The Architectonic Soul: The Theory of Generation in Julius Caesar Scaliger”
10:00-11:00 Hiro Hirai (Radboud University) “Atomism and the Origin of Life in Sennert, Gassendi and Kircher”
11:00-12:00 Richard Arthur (McMaster University) “Scaliger, Sennert, Boyle and the Origins of Leibniz’s Theory of Forms”
12:00-14:00 Lunch
14:00-15:00 Tatsuo Henmi (Niigata University) “TBA”
15:00-16:00 Final discussion
Closing


アクセス / Access:http://www.u-toyama.ac.jp/access/gofuku/index.html